「胡錦涛歓迎夕食会」に呼ばれなかった薮中外務次官

2008年6月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

5月6日の夜、東京・日比谷のフレンチレストラン「松本楼」で催された、胡錦涛・中国国家主席を歓迎する福田康夫首相主催の非公式夕食会の出席メンバーが話題を呼んでいる。「中国革命の父」孫文ゆかりの同店には、日中それぞれ9人が集まった。日本側はホストの福田首相夫妻、高村正彦外相、宮本雄二駐中国大使(昭和44年外務省入省)、奥田碩・前日本経団連会長(内閣特別顧問)、谷内正太郎・前外務事務次官、五百旗頭真・防衛大学校長、佐々江賢一郎外務審議官(政務担当・49年)、石兼公博首相秘書官(56年)、中国側は胡錦涛夫妻、令計劃・共産党中央弁公室主任(党中央書記処書記)、王滬寧・党中央政策研究室主任(同)、戴秉国・国務委員(前外務筆頭次官)、楊潔篪・外相、崔天凱・駐日中国大使、武大偉・外務次官(6カ国協議首席代表)、陳世炬・国家主席弁公室主任(胡錦涛秘書)であった。通 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。