豊田達郎氏の長男をデンソー役員に大抜擢

2008年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車元社長で現相談役の豊田達郎氏の長男、達也氏(45)が4月25日付でグループ企業最大手デンソーの常務役員に内定した。達郎氏はトヨタ名誉会長である章一郎氏の実弟で、達也氏は豊田佐吉のひ孫に当たる。達也氏は87年に青山学院大経済学部を卒業。三井物産に入社後、01年にデンソーに転職した。エンジン機器事業部で新工場プロジェクト室長をしていた。入社からわずか7年で役員となる異例の昇進であり、デンソーでは初となる豊田家出身の社長候補として注目されている。トヨタは、巨大化して「操縦不能」になりつつあるデンソーへの支配力を強化するため、社長を送り込む画策をしてきたが、デンソーがこれを拒否し続けている。今回の達也氏の大抜擢は、豊田家を役員陣に加えて社長候補にすることで、トヨタとの距離を適度に保つ意図もあると見られる。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。