不動産コンサル「ゼクス」の介護事業が前途多難に

2008年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

不動産コンサルティング業「ゼクス」(東証1部)が、グループ会社を通じて展開する介護事業で苦戦している。同社は昨年末、介護事業からの撤退を表明したコムスンの親会社グッドウィル・グループ(GWG)から、6棟の介護施設を買い取ると表明した。ところが、このうち4棟の介護付き有料老人ホーム(旧コムスンガーデン)について、今年1月に不動産の取得を突如断念。特定目的会社との間で賃貸契約を結んだうえで、ゼクスのグループ会社が運営することになった。入居一時金が3億円ともいわれる住宅型高級有料老人ホーム「バーリントンハウス」の2物件についても、当初は昨年末にGWGから買い取ることで合意したものの、この4月末までに計5回も取得契約が延期されるなど、異例の事態が続いている。ゼクスでは「資金繰りに問題はなく、GWGとの合意事項にも変更はない」などと取材に答えているが、「単なる事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。