とことんホンキ「小池百合子」

「政界再編」をキーワードに小泉とデュエット。どんなに足を引っ張られても、やる気だ!

2008年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

その瞬間、空気が一変した。憲法記念日の5月3日午後、東京・新宿区の四谷区民ホールで開かれた改憲派主催の集会。開会から約1時間半遅れて到着した、鮮やかな紫のワンピース姿の元防衛相・小池百合子(55)に約500人の視線が集まった。憲法論議は、改憲派の急先鋒だった前首相・安倍晋三が政権の座を去り、その機運は冷めている。来賓として最初に講演した自民党憲法審議会会長代理の衆院議員・船田元(54)はこう語気を強めた。「国会で(憲法の)けの字も議論をしておらず残念至極だ」すると会場内に、どこか冷ややかな空気が漂った。船田と言えば、「将来の宰相候補」と評されたこともあったが、すっかり過去の人になってしまった。その船田が去った後、司会者から「日本初の女性総理候補として呼び声が高い……」と紹介されて登壇した小池は、30分以上にわたって講演。憲法への環境権の明記や、9条へ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。