「一般財源化」閣議決定のもろさ

2008年6月号 連載 [policyの極意 第2回]

  • はてなブックマークに追加

4月30日、衆院本会議で税制関連法案が再可決され、5月1日からガソリン暫定税率が復活した。ガソリン価格は全国のスタンドで一リットル30円程度上昇した。これは自民党の致命的な戦略ミスの所産である。3月末で暫定税率が切れることは前からわかっていた。そのために今年1月に「つなぎ法案」を提出するはずだったが、自民党執行部の読みの甘さから、つなぎ法案を取り下げてしまった。民主党がそのミスを突いて、ガソリン暫定税率の失効に一度は成功したが、自民党は再可決でミスをとり戻したのだ。しかし、環境対策を考えると、暫定税率の維持は結果として国際標準であり、正当な考え方と言っていい。ヨーロッパ諸国のガソリン税率は、排ガスを抑制し、地球温暖化を防ぐために、日本より高くなっている。日本は京都議定書で定めたCO2排出削減目標を達成できそうにない。洞爺湖サミットでも「環境」でリー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。