岡 素之氏(住友商事会長)

利と害に目配り、いま足元固め

2008年6月号 連載 [経営者のひきだし 第26回]

  • はてなブックマークに追加

続々と公表される企業の09年3月期決算の見通しに、サブプライムローン問題の影が広がってきた。多くの場合、楽観視し過ぎていたフシがある。まだ、悲観論に染まる必要はないとしても、中国の高成長、円高急進の回避、世界の株価の底堅さなど、プラス面のみに目を向けていては、グローバル企業でも危うい。「智者之慮必雑利害」(智者の慮は必ず利害に雑(まじ)う)――判断を誤らない人は、物事を必ず利と害の両面から測る、との意味。中国の古典『孫子』にある言葉だ。これは、兵法だけでなく、ビジネスにも当てはまる。よさそうな条件に隠れた悪い条件を見いだし、気を引き締めて、進むべきかどうかを判断する。そんなアプローチで、いち早くサブプライム・ショックの前から組織の「引き締め」に転じていた経営者が、この人だ。岡素之さん。住友商事の会長で、かつてリスクとリターンの兼ね合い、つま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。