どん底「タクシー残酷物語」

33道府県で年収が300万円未満。東京だけで自殺者が年間50人を超える生き地獄。

2008年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「市場の失敗を真正面から認め、(規制を)元に戻してほしい。かつての繊維産業のように、タクシー産業構造改善臨時措置法が必要だ」3月末、国土交通省が開いた交通政策審議会の公開ヒアリングで、梅原克彦仙台市長は、国のタクシー政策に不満をぶちまけた。仙台市は市営地下鉄を持ち、梅原市長は日本地下鉄協会の会長を務める。だが、その発言に地下鉄の利用者増などというケチな思惑はない。それは、仙台駅に降り立てば誰でもわかる。駅前広場を埋め尽くすタクシーの数は尋常ではない。仙台には64社、2900台のタクシーがひしめく。2002年に国がタクシーの台数規制をやめてから、需要を示す総実車キロは5%近く減ったのに、会社は25社、台数は1千台近く増えた。夜の繁華街では客待ちの車が二重、三重に道をふさぎ、市民からの110番通報で毎晩のように警察がタクシーの排除に出動する。01年には3万6千円 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。