福田「突如退陣」の胸騒ぎ

首相公邸へ「心のケア」に駆けつけた森と青木。こんな不人気が続けば、福田の心理状態はもたない。

2008年6月号 POLITICS [サミットまでもたない?]

  • はてなブックマークに追加

 慰めは好きな外交だけ。打つ手なしの内政には、明らかにやる気を失っている――。いま自民党首脳部を悩ますのは、福田康夫首相がいつ何時、突然退陣を表明しないかという胸騒ぎである。小泉内閣では、自ら官房長官の辞任を定例記者会見で突然明らかにし、その日のうちに「風のごとく来りて、風のごとく去るということだ」と言い残し、官邸を去った。「ポスト小泉」政局では、安倍晋三前首相の対抗馬に推す声が政・官・財各界に澎湃(ほうはい)と広がったが、土壇場ではぐらかした。色気があったのは、その後の展開で周知の通り。よく言えば照れ性、有り体に言えば相当な天の邪鬼。お坊ちゃま気質のわがままなのである。しかもプライドは人一倍強く、切れやすい。こんな不人気が続けば、まず福田首相の心理状態がもたないだろう。自民党のベテラン議員は、皆それをよく知っている。

「やけを起こすな」と説得

衆院山口2区補選で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。