公明党・創価学会が年内総選挙で準備を開始

2008年5月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

公明党が支持率低下に苦しむ福田政権の崩壊を想定しはじめた。同党議員の一人が声を潜めてこう語る。「ガソリンの暫定税率復活のため、租税特別措置法案を衆院で再可決すれば、さらに内閣支持率は下がる。自民党内に本気で支える空気はない」そして、7月の北海道洞爺湖サミット後に総辞職する「サミット花道論」も「あり得る」と付け加えた。公明党はタカ派の安倍政権に代わる福田政権を歓迎していた。しかし、年金記録漏れやガソリンの暫定税率問題、日銀人事などで躓き、衆参ねじれ国会に翻弄される福田首相に、支持母体の創価学会も「失望した」(学会関係者)。公明党は「サミット後の新政権発足→年内に解散・総選挙」のケースを念頭に準備を開始。太田昭宏代表も「選挙は秋口以降に」と公言し出した。来年7月に東京都議選が行われるため「年内に総選挙を終えたい」のが本音と受けとめられている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。