パイオニア「二股提携」の禍根

宿敵・松下電器とのプラズマ提携に、筆頭株主のシャープが激怒。虎の尾を踏んだか。

2008年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「あれは将来に必ず禍根を残す」昨秋以降、パイオニアが立て続けに決めたシャープ、松下電器産業との提携について、ある電機メーカー首脳は、そう語る。昨年9月、パイオニアはシャープとの資本業務提携を発表した。パイオニアが実施した約414億円の第三者割当増資をシャープが引き受け、発行済み株式の14.28%を保有する筆頭株主となり、業務面では次世代DVDやカーナビゲーションシステムを共同開発するという内容だった。デジタル家電の王様といえば薄型テレビ。この分野でシャープは液晶を、パイオニアはプラズマを主力に据える。「宗派」の異なる両社が手を組む格好だ。しかも、シャープによる救済色が強かったため、業界筋は「パイオニアはいずれプラズマの旗を降ろし、液晶陣営に入る」と、先読みしたものである。

カネをドブに捨てた資本提携

ところが、今年3月、パイオニアはプラズマテレビの基幹部品であるパネルの生産か ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。