次期NHK経営委員長は東芝の西室相談役か

2008年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

5月末に日本経団連の評議員会議長を退任する西室泰三・東芝相談役の行方が財界の関心を集めており、NHKの経営委員長への就任が有力視されている。古森重隆委員長(富士フイルムホールディングス社長)の任期が今年12月で切れ、「古森さんの再任はない」(財界有力者)とみられているためだ。古森委員長は昨年6月、当時の安倍前首相が「仲間内」から選んだ「安倍人事」のシンボル的な存在だが、古森氏の強引なやり方は経営執行部との軋轢を生じ、橋本元一前会長の後任人事が迷走した。西室氏は後任会長の最有力候補に挙げられていたが、固辞した経緯がある。西室氏は奥田碩氏、今井敬氏といった経団連会長経験者に次ぐ財界の重鎮で、東京証券取引所会長や財政制度等審議会会長の要職にある。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。