信用収縮の次は「ドル危機」

サブプライム損失で大手米銀・証券5社が資本毀損の危機。FRBのバランスシートは悪化、ドルは凋落する。

2008年5月号 COVER STORY [水脈ウォッチャー]

  • はてなブックマークに追加

4月11日、ワシントンに7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁が集まった。白川方明・日銀新総裁がG7会合に初お目見えしたが、市場の注目はサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)危機への対処が声明にどう盛りこまれるかだった。結局、声明は大手金融機関の経営監視などでG7の「緊密な協調」を強調するとともに「主要通貨の急激な変動が経済・金融の安定に与える影響を懸念している」と急激なドル安を牽制する内容になった。やはりG7首脳がもっとも気がかりなのは、「基軸通貨ドル」の行方なのだ。遥か遠く極北の島国、アイスランドですらその兆しが見えた。北欧古代の叙事詩『グリームニルの歌』にこんな句がある。「オーディンとサーガはそこで楽しき日々を過ごす黄金の杯を手に痛飲して」サーガ(Saga)とは北欧神話に登場するアース神族の女神で、「見るもの」「知らせるもの」という意味 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。