携帯「オープン化」へグーグルの奇襲

周波数帯入札は負けるが勝ち。端末とアプリを開放させ、無償プラットフォーム「アンドロイド」で殴りこみ。

2008年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

米国で電波周波数帯の“一等地”が競売にかけられた。日本の地上デジタルテレビ放送(地デジ)と同じように、米国でもデジタル放送が始まる来年2月にアナログ放送の電波が停止されるが、その周波数帯(700メガヘルツ)の跡地が携帯電話に割り当てられたのだ。競売は今年1月に始まり3月に終わったが、最大の目玉は全米50州をカバーする広域免許の「Cブロック」帯域だった。3.9世代と呼ばれる光ファイバー並みの通信速度を実現する次世代携帯サービスの要だから、激戦地となった。そこに思わぬヨソ者が躍り込んできた。検索エンジンで世界を席捲、インターネットでひとり勝ちのグーグルである。昨年7月、競売に名乗りをあげたのだ。豊富な資金力にモノを言わせて数々の企業を買収してきただけに、Cブロックも手に入れるのでは、とライバルは戦々恐々。ところが、いざフタを開けてみると、グーグルは着外に終 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。