あの小早川まで登場インデックスHの末期症状

2008年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

死を迎えようとしている動物にハゲタカが舞い降りるように、スキャンダルに塗(まみ)れた企業には悪辣なブローカーたちが群がるものだ。前号「ディープ」で詳報したインデックス・ホールディングス(「タカラトミー巻き込む転落企業」)がいよいよ末期症状を呈し始めた。闇金融とのつながりが判明したインデックスHの周辺に、最近登場したのは小早川茂。イトマン事件で暗躍し、その後も怪しげな政治関係出版社の顧問に就いたり、霊園開発などを画策、闇世界に浮かぶ人物だ。その小早川が持ち回ったのが「メディア・クライス」なる企業の買収話。出版だけでなく映像メディアも手がける「バウ・ハウス」の、コンビニ向けアダルト雑誌部門を独立させた会社である。その買い手を探していた小早川に押し付けられるように、インデックスH社長の落合正美が手を挙げた。落合個人が5億円を出し、さらにインデッ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。