ネット出し惜しみ許さず「放送局に流通権」仰天構想

民間団体が大胆な新法を提案。アイドル事務所や著作者遺族の許しを得ずとも、ネットに流せるというが…。

2008年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「コンテンツ立国」が叫ばれて久しいが、インターネット上でのコンテンツ流通は遅々として進まない。知的所有権をカサに“強欲な”権利者がてんでに権利を主張して、流通の利便に背を向けているからだ。そんな袋小路を打破すべく、民間研究団体のデジタル・コンテンツ法有識者フォーラム(代表・八田達夫政策研究大学院大学学長)が3月、ネット流通を促す特別法「ネット法」(仮称)の整備を提案した。なかなか意表を突いた中身なのだが、権利者たちの神経を逆なでするものばかり。早くも反発の声があがっている。提案内容は大きな柱として、①特定の者にネット上でコンテンツを流通させる権利を与える「ネット権の創設」、②その権利を与えられた者に収益の公正な配分を義務づける「公正配分義務化」、③条文外のケースでも権利者側の権利行使を制限する「フェア・ユースの規定化」――の3点がある。特に注目 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。