一直線に走れぬ「麻生」の事情

先を急げば潰される。果報は寝て待て。地道に政策をアピールしていけば……。

2008年5月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

内閣支持率が3割ラインを下回り、福田政権の行く末が危ぶまれる。いやが上にも注目度が高まっているのが自民党前幹事長・麻生太郎(67)である。現政権の崩壊を見越して、与野党を問わず「いよいよ次は麻生か」と囁かれ出した。昨年9月の総裁選で首相・福田康夫に敗れた麻生だけに、「世の中の空気の変わり目」を、誰よりも感じているに違いない。もっとも、決して福田降ろしに動こうとしているわけではない。基本戦略は「好機を待つことに尽きる」(麻生周辺)。いわゆる「熟柿作戦」である。やはりそこは総勢20人の小所帯・麻生派の宿命とも言える。それゆえ麻生自身は、表向き福田批判を展開するようなことはしない。が、母方の祖父、吉田茂のトレードマークだった葉巻タバコをくゆらせながら、皮肉たっぷりにこんな言葉を周囲に漏らす。「(福田びいきの)読売新聞ですら4月の内閣支持率は28%。と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。