東芝は有機ELに見切り 松下がTMDを完全子会社化

2008年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

松下電器産業が東芝と共同出資で02年に設立した東芝松下ディスプレイテクノロジー(TMD)の完全子会社化に向けて動き出した。現在の出資比率は東芝が60%、松下が40%で、東芝が実質的に支配しているが、松下が東芝の分を買い取ると見られる。TMDは次世代ディスプレーの最有力候補である有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の開発で先行しており、技術的な蓄積は有機ELテレビを発売済みのソニーと並ぶ水準にある。この技術を手に入れて有機ELテレビを早期に事業化する目論見だ。東芝の西田厚聰社長は昨年12月、シャープから液晶パネルを調達する契約を交わした際、有機ELは消費電力や様々な性能で液晶に劣ると判断した。09年中の大画面有機ELテレビ事業化も断念しており、有機ELに賭けてきたTMD内にも沈滞ムードが流れている。東芝はキヤノンと共同で進めていた薄型ディスプレーのSED(表面伝導型電子 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。