「暴落」新興不動産株の真実

人呼んで「USAJ」銘柄。スルガ摘発に乗じて金融“村八分”の風評を流す売り仕掛けの軍団あり。

2008年5月号 DEEP [「反社会勢力」汚染の妖怪]

  • はてなブックマークに追加

株式市場で何かが起きている。昨年3月末から08年3月末にかけて株価の年間下落率が7割を超す“暴落”銘柄が山ほど出ているのだ。トップは中古オフィスビル再生などのサンフロンティア不動産(東証1部)。30万1000円から2万9050円と約90%も下落した。2位には経営多角化に失敗した金融のNISグループ、3位には厚生労働省と捜査当局に引導を渡された介護・人材派遣のグッドウィル・グループ……と下落も「さもありなん」とうなずける企業が並ぶが、上位20社中14社は不動産業者が占める。サンフロンティアに象徴されるように、狙い撃ちにされたのは、不動産業界でも新興のデベロッパー企業だ。聞き飽きた「サブプライムローンの余波」か。否、この異様な下げには別の力が働いている。それは「反社」――反社会的勢力という名の妖怪の影なのだ。とどめは警視庁組織犯罪対策4課が昨年から内偵を進め、3月4日に不動産 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。