スズキ脅かすインド「25万円カー」

インドで最大の財閥タタが挑戦状。焦る鈴木修会長がトップシェア死守の厳命。

2008年5月号 BUSINESS [夢のファミリーカー]

  • はてなブックマークに追加

インドでは10の5乗=10万を「1Lakh(ワン・ラック)」と呼ぶ。地場資本最大の自動車メーカー、タタ・モーターズの会長でタタ財閥の総帥でもあるラタン・タタ氏が2002年、「10万ルピー(約25万円)の車をインド人夢のファミリーカーとして開発する」と表明したことから、瞬く間に「ワン・ラックカー構想」として広まった。そのお披露目が08年1月9日、ニューデリーで始まったインドモーターショーであった。今秋から発売するワン・ラックカーの試作車を発表したのだ。車名を「ナノ」と付けた。10万ルピーという価格に意味がある。「ナノ」と同じクラスでインドで最も認知度が高いと言われる小型車「マルチ800」のほぼ半額。5万ルピー前後の二輪車との中間の価格帯に位置することがポイントだ。インドでは今後、モータリゼーションが起きることは確実。この価格に設定することで、二輪車から四輪車へ乗り換 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。