半値近い中国株に「介入」心待ち

無残なり、株価「大躍進」。1億の零細投資家たちの頼りは、お上のテコ入れと次なる生贄。

2008年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

まだ寒さが残る4月の北京。なのに、63歳の徐志中さんの背には、冷や汗ばかり滲み出る。一貫して長期投資で巨額の富を築いたアメリカの「投資の神様」ウォーレン・バフェットのように、いつか自分もなりたい……。徐さんは心中密かにそう念じていた。「中国の経済成長は20年も続いているのに、株価はあまり上がらなかった。でも、今度こそ中国の株高は本物で、バフェットが中国にも現れるはずだ」と確信したのは、中国株が1年余も天井知らずの急伸を続けた直後の昨年暮れである。「株は長期保有するものであり、やたらに売ったりするものではない」というバフェットの信条を口癖に、ずっと買い続けてきた徐さんは、昨年下期から買うスピードを速め、たちまち十数万元の含み益を得た。この調子ならいずれ数百万元、いや、数千万元の株長者になるのも夢ではない、と思ったのだ。ところが、年明けから相場は急 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。