梁瀬 次郎氏(ヤナセ名誉会長)

「殿堂入り」のカリスマ

2008年5月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

巨星墜つ。梁瀬次郎氏の逝去は、一つの時代の幕引きを象徴する出来事だった。この半世紀、激変に次ぐ激変を重ねてきた輸入車販売業界の、ほとんどすべての局面に立ち会ってきたからだ。1945年、父であり創業者でもあった長太郎氏から梁瀬自動車(現・ヤナセ)の経営を引き継いでからほぼ半世紀にわたり、日本の輸入車販売の顔であり続けた。まず戦前からのゼネラル・モーターズとの縁を復活させ、その後、メルセデス・ベンツとフォルクスワーゲンの輸入代理権を獲得、「外車」の世界に確固たる地歩を築いた。そんなヤナセは、高度成長とともに大きく業績を伸ばしたが、やがて80年代を迎えると、輸入車販売業界にも大きな荒波が押し寄せる。海外メーカーがこぞって日本に現地法人を設立し、直轄統治に乗り出したのだ。その流れでヤナセもメルセデスにインポーター業務を返還し、長年続いたフォルクスワー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。