ドコモがどさくさに紛れモバイルサイトを囲い込み

2008年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

NTTドコモは4月にも、同社の公式サイト内に企業のモバイル向けサイトを掲載する新コーナーを開設する。既存の公式サイトよりも緩い審査基準を新たに用意する見通しで、モバイル広告事業者は「集客しづらい勝手サイト(非公式サイト)ではなく、公式サイトへの参入の敷居が下がれば、企業のモバイル向けサイト開設率が急増し、広告事業などが軌道に乗る」と期待する。しかし、モバイル業界は未成年契約者の携帯電話に有害サイトへのアクセスを制限する「目隠し(フィルタリング)サービス」が初期設定で組み込まれるようになり大揺れの最中。こうしたドコモの動きに「フィルタリング問題に乗じ、公式サイトへ利用者を囲い込もうという意図ではないか」(モバイル関連企業幹部)と批判する声が出るのも当然だろう。競合キャリアも「ホワイトリスト(目隠しの許可リスト)を意識した動きなのだろう。追随し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。