朝日、産経、時事の女性新人記者が4割超に

2008年4月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

産経がトップの48%で、朝日と時事が同率の43%で並び、次が共同の38%、読売37%、毎日36%と続く。何の数字かといえば、今年4月に入社する新人記者に占める女性の割合(日本新聞協会まとめ。新聞社によりカメラマンの扱いは異なる)。人数は少ないが神戸新聞は半数を超え、編集採用7人のうち4人が女性だ。ここ数年、女性記者の採用が急増している。昨年4月時点では、同協会加盟の新聞、通信社に勤める全記者のうち女性は14%にすぎないから、まさに様変わりだ。「女性のほうが堂々としているし、思考が柔軟」「取材力もあり、特ダネを取ってくる」と採用担当者は口を揃える。馬力が取り得の体育会系の男子より、にっこり微笑む「くノ一」記者がはるかに勝るらしい。結婚、出産による退職を勘案しても、4人に1人、3人に1人が女性記者となる日は遠くなさそうだ。幹部への登用も進んでいる。筆頭格は産経 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。