加藤 裕治(自動車総連会長)

内需拡大に向け転機となる今春闘

2008年4月号 連載 [如是我聞]

  • はてなブックマークに追加

「今年の春闘で、自動車総連が賃金改善額を最低でも1千円上げるという目標を掲げ、6年ぶりに具体額を提示したのは、賃上げ相場のリード役として日本経済の重要な転機にしたいからです。目指すは、内需中心の経済への転換です」「そのためには、労働者に対して生産性向上や業績回復の分配を行ってほしい。景気が回復したと言われるこの5年くらいを見ても、ひたすら労働分配率は下がり続け、一人当たりの平均賃金も下がった。これがデフレ経済から脱却できない要因のひとつでしょう」「内需が中心の経済ではないから、サブプライム問題など米国経済が不安定になると、その影響をもろにかぶります。日本経団連も政治もそう思っています。このインタビューを受けた時点では結果は出ていませんが、今年は『取れる』という自信があります。今年、取れなかったら、労組の存在意義が問われるくらいの覚悟です。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。