豊臣秀長<下>

良将に非ざれば鎮撫し難し

2008年4月号 連載 [第二の男]

  • はてなブックマークに追加

秀吉の累進に伴い、秀長もまた歴史の表舞台に登場し、優れた武将ぶりを発揮していく。織田信長は、毛利攻略・中国平定に秀吉を起用し、加賀攻めや松永久秀攻めにもこき使う。天正5(1577)年、秀吉は秀長とともに但馬の岩淵、竹田の各城を落とす。秀長は竹田城の城代、同8年には但馬平定の功で出石城主となった。同6年、別所長治が毛利に通じ反旗を翻したのは秀吉の誤算。籠城戦は2年半におよび、長治の切腹で決着した。播磨別所記の合戦模様に「羽柴小一郎秀長、秀吉に越されずと、そのまま、槍(やり)を入るるを見て、秀吉続いて込み懸かり(略)、(別所)山城、名馬に乗りて逃げ延びる」とある。天晴れな武者ぶりだ。天正9年、秀吉は2万余の大軍で吉川経家の鳥取城を攻めた。城内を生き地獄にした兵糧攻めは、経家が切腹して開城。天正10年、次の目標の備中高松城を水攻めした6月、本能寺の変で信 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。