日韓EPA交渉が再開李大統領の「実利」が鮮明に

2008年4月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「理念より実用主義」を標榜する韓国の李明博大統領が、就任初日の2月25日に福田康夫首相と行った首脳会談で、その姿勢を鮮明にした。日韓双方の政府筋によると、2004年11月を最後に停滞しているEPA(経済連携協定)締結交渉の再開を目指す福田首相が「予備協議をやるのはどうか」と水を向けたのに対して、李大統領は明快な返答をしなかった。あらかじめ両国政府が事務レベルで調整していた交渉に沿って、会談後に「両首脳は予備協議を行うことを確認」と発表されたものの、実際には、意気込む首相が肩透かしを食らった格好だ。EPA交渉の中断が長引いたのは竹島(韓国名・独島)の領有権や歴史問題による日韓関係悪化が原因、との見方が日本側にはあった。それでも福田首相が会談前に「(韓国の政権交代で)政治情勢が変わるので(交渉を)再開したい」と楽観的に構えていたのは、「日本とのEPA締結は韓 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。