排出権取引で「泥縄」経産省の凋落

世界の趨勢読めず環境後進国に。きっぱり手を引き、環境省にお任せしては?

2008年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

今から半世紀前、水俣湾で頻発していた原因不明の運動障害、死に至る舞踏病とは、神経系を侵す水銀中毒であることを、臨床医学が突き止めた。しかし、その科学的な業績は、役所と御用学者の手によって、およそ10年間握りつぶされ、水俣病は地域社会を蝕んでいった。行政の不作為、公僕として取るべき必要な措置を怠って、社会に甚大な被害をもたらす役人の犯罪。その原点がここ不知火海にある。当時、通産省は清浦雷作・東工大教授の根拠不明な「アミン説」を担いで、医学的告発から10年もの間、原因企業の新日本窒素肥料(後のチッソ)水俣工場からの水銀廃液排出、大量の垂れ流しに何の制限も加えず放置した。当時の通産省の担当課長はこう言い放ったものだ。「犯人と決まったわけじゃなし。日本の基幹産業は止められない」環境問題をめぐるこの役所の本性は、半世紀を経てもなんら変わっていないよう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。