タカラトミー巻き込む転落企業

スキャンダルの嵐のインデックスH。25億円もの第三者割当増資を引き受けさせた謎とは。

2008年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

2月4日、「リカちゃん」人形で知られる大手玩具メーカー、タカラトミーは、ジャスダック上場企業と業務提携し、約25億円の第三者割当増資引き受けを公にした。相手先は「インデックス・ホールディングス」(以下、インデックスH)である。かつて携帯電話コンテンツ配信で急成長し、「日経ビジネス」など経済誌からIT(情報技術)ベンチャーの優等生ともてはやされ、民放キー局などから提携のラブコールが絶えなかった新興企業だ。しかし「かつて」とわざわざ断ったように、現在の同社にその面影はない。創業者から経営を任された元ボストン・コンサルティングの椿進社長のもとでも業績不振を脱せず、返り咲いた創業者が自社株を担保に新生銀行から融資を受け、追加担保の差し入れができずに株を強制処分されて、1月に株価急落を招いた。そんなキナ臭い企業に、なぜ東証1部のタカラトミーが25億円もの事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。