澤部 肇氏(TDK会長兼CEO)

「有隣」信じ「燃えよう」を連呼

2008年4月号 連載 [経営者のひきだし 第24回]

  • はてなブックマークに追加

政・官界でも、経済界でも、「我が道を行く」と強い意志を持つリーダーに出会うことが、めっきり減った。みなさん、孤立することが怖いのだろうか。「徳不孤、必有隣」(徳は孤ならず、必ず隣あり)──品性のある、人の道に適った行為を重ねていれば、決して孤立することなどない。必ず共鳴する人たちが出てくる、といった意味で、『論語』にある言葉だ。この教えは、どんな時代にも通用するのだろうか。現代のように、人の言うことなどきちんと聞こうとしない風潮のときでも、はたして「有隣」は生きているのか。そんな疑念を押し殺し、信じるところを連呼している経営者が、この人だ。澤部肇さん。磁気ヘッドなど電子素材部品大手のTDKの会長兼CEO。孤立を恐れず、社内で繰り返しているのが「もっとエキサイティングな集団になろう。会社は、エキサイティングでなければつまらない」との呼びかけだ。「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。