泥仕合で浮かぶオバマの「死角」

オバマ・ブームももはや限界。ヒラリーとの中傷合戦をあおる共和党の思う壺だ。

2008年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「大本命」ヒラリー・クリントンを土俵際まで追い詰めておきながら、息の根を止めることができなかった。米民主党から史上初の黒人大統領を目指すバラク・オバマは3月4日の予備選で、目前にあった民主党候補の座をつかみ損ねた。米メディアが「ジュニア・チューズデー」と名づけたこの日、民主党は4州で予備選を開いた。オバマはテキサス、オハイオ、ロードアイランドで得票率で負け、ヒラリー陣営が捨てたバーモントを取っただけ。「まだ代議員数ではリードしている」。4日夜の支持者を前にした演説は目新しい表現もなく、精彩を欠いていた。オバマがテキサス、オハイオのどちらかで大勝すれば、ヒラリーにとどめを刺せたはずだった。だがその前から歯車は徐々に狂い始めていた。

露わになったオバマの弱点

2月18日。マサチューセッツ州知事デュバル・パトリックの過去の演説をオバマが真似していたことが発覚した。この時は「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。