トヨタ脅かすGMの「環境戦略車」

「最後の賭け」で一発逆転を虎視眈々。GMのハイブリッド車「ボルト」は電池に秘訣。

2008年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

生産台数で世界一の座から転落し、経営の先行きも依然として危ぶまれる米ゼネラルモーターズ(GM)。そのGMが再生のために「最後の賭け」として取り組んでいる技術がある。バッテリーだけで65キロ(40マイル)程度の走行が可能なプラグイン・ハイブリッド車「シボレー・ボルト」。プラグインとは家庭用電源で充電できることを意味する。電池だけの走行距離ではトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」を上回ると見られる。GMの商品開発担当のボブ・ラッツ副会長によれば、トヨタを圧倒する可能性を秘めた環境戦略車で、「月を目指した技術『ムーンショット』」なのだという。つまり、1997年発表のトヨタの「プリウス」第1世代が「スプートニク」で、現行の第2世代車が「ガガーリン」。最先端のリチウムイオン電池の採用を予定する「ボルト」は、有人宇宙船を月面に着陸させ、宇宙開発競争で先行したソ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。