しっかりせよ「皇太子殿下」

漏れ伝わる天皇家の不協和音の数々。雅子妃への優しさばかりで何とする。

2008年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

理想的な家庭とされていた天皇家から、この数年、不協和音が伝わってくる。天皇と皇太子、秋篠宮の親子、兄弟間で意思の疎通に欠け、ギクシャクしているようだ。古希を過ぎた天皇夫妻はこうした問題もあり、健康が優れない。皇太子は48歳。働き盛りの年齢で一家の牽引車になるべきなのだが、病気の雅子妃を抱えているとはいえ覇気がなさすぎる。「しっかりしなさい、殿下」と、檄を飛ばしたい。誕生日直前の2月13日、羽毛田信吾宮内庁長官は、「皇太子が参内する回数が少なく、ご両親も対話不足を心配しておられる」と宮内記者会に漏らした。天皇、皇族の誕生日前には記者会見があるが、この数年マスコミが注目するのは、天皇家の家庭内のやりとりばかり。2003年、秋篠宮が「陛下をお助けするためにも、円滑な意思疎通を」と語り、04年2月には、皇太子が「公務を見直したい」と発言、同5月にいわゆる“人 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。