異例の「財務畑一筋」が登場

朝田 照男(丸紅 新社長)

2008年4月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

「その質問に彼が答えると問題が多いので、私が答えます」2月20日の社長交代会見。代表権のない会長に就き、経営の一線から完全に退く意向を表明した勝俣宣夫が、新社長となる朝田照男(59)と記者との間に割って入る一幕があった。記者の質問は「日本航空の増資要請にどう対応するか」。勝俣体制下で金庫番を務めた朝田が答えてもよさそうだが、実父の故・静夫は運輸次官を経て日航の社長に就いたことがある。古い話ではあるが朝田の発言は遮られた。が、それは「社長交代は4月1日付。それまでにケリをつける」という、勝俣らしいブラックユーモアだった。社長就任にあたり、朝田は二つの重荷を背負った。一つは勝俣の後継者だということ。丸紅は2001年11月に約2100億円のリストラ損を計上すると発表した。株式市場はこれを嫌い、翌12月に株価は半世紀ぶりとなる58円をつけた。03年4月、土俵際に追いつ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。