「資源の黒船」に屈する日本

大英帝国の再来を思わせるBHPとリオ・ティントの15兆円合併。実現すれば、玉突き再編の津波が襲う。

2008年4月号 BUSINESS [鉄鉱石大幅値上げ]

  • はてなブックマークに追加

資源小国ニッポンを襲う猛烈な価格上昇――1バレル=100ドルを突破した原油や、4月に30%も値上げする小麦だけではない。2月18日の「鉄鉱石65%値上げ」のニュースに仰天した人も多かったに違いない。ブラジルの資源大手ヴァーレ(旧リオドセ)が、新日本製鉄やJFEスチールなど日本の鉄鋼大手4社に対し、2008年度分の鉄鉱石価格の大幅引き上げを通告、前年度比65%上げを呑ませたのだ。粉状の鉄鉱石(粉鉱)は1トン=48ドル弱から79ドル弱に跳ね上がる。日本は鉄鉱石のほぼ100%を輸入に頼るだけに、08年度の大幅値上げは約5千億円のコスト増。鉄鋼メーカーから川下の自動車、家電メーカーへ価格転嫁の玉突きが起きる。国内の消費が冷えるなかで最終製品への価格転嫁は難しく、下請けを絞るコスト削減も限界に近づいて、製造業界からは悲鳴が上がっている。転嫁できなければ市場から退場を迫られる。「そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。