米ビザの株式公開に触発JCBが株式上場に動く?

2008年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

国際クレジットカード大手の株式公開が相次ぐなか、国内大手JCBの動向が注目されている。最大手の米ビザが2月末、株式公開で188億ドル(約2兆円)を調達すると発表し、既上場の米マスターカード、米アメリカン・エキスプレスに追随したため、JCBの上場観測も浮上してきた。国際カード業界では、上場を通じてステータスとブランド力を高めて優良顧客を囲い込む動きが加速。ビザなど海外勢は継続的なシステム投資の負担もあり、株式公開で資本市場から資金調達する道を選んだ。一方、これまでJCBは経営の自主性を維持するため、「非公開を貫き、外部資本の介入を極力排除」(幹部)してきた。しかし、JCBの国際カードのシェアはわずか1%程度と海外市場では劣勢を強いられている。次世代システムの開発投資も当初の500億円から大幅に膨らんでおり、「海外大手に対抗するには上場でイメージアップとキャピ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。