アダ花起業家たちの「最終章」

グッドウィル落城。日本ベンチャー協議会も解散する。六本木や青山を闊歩した彼らに「勝ち組」はいない。

2008年4月号 DEEP [新興市場3月危機]

  • はてなブックマークに追加

新興株式市場が下げ止まらない。代表的指標の東証マザーズ指数は、2月半ばにつけた590ポイントの底値を3月11日に一時割り込む578ポイントをつけた。ライブドア事件直前の2006年1月16日の2799ポイントがピークだから約8割も下げた水準。大底を示す証券界の「半値八掛け二割引き」という格言すら大きく下回っているのだから、もはや誰にも説明のしようがない。ライブドアに象徴される一部企業の問題だけなら、06年1月から2月にかけての1000ポイント近い急落で下げ止まっていただろう。しかし投資家の目は厳しく、今や「勝ち組」も見放され、東証マザーズや大証ヘラクレスはもちろん東証1部に鞍替えしたような有力ベンチャーまでもが、蟻地獄のような下げを続けている。

前門のアングラ後門のハゲタカ

その多くは1990年代後半に起業したベンチャー企業で、2000年のネットバブルの絶頂期には六本木のディスコ「ヴェルファーレ」に集まっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。