金融庁の外資アレルギーで足利銀行の「受け皿」が混迷

2008年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

2003年に経営破綻し、一時国有化されている足利銀行の受け皿が決まらないのは、「金融庁の外資アレルギーが原因」(同庁関係者)のようだ。足利銀行の受け皿選定は、07年11月から横浜銀行など関東地区の地銀上位8行を中心にした「地銀連合」と、野村ホールディングス(HD)傘下の野村プリンシパル・ファイナンスを中心とする「野村グループ」の2グループに絞られ、最終審査が行われている。しかし、年内にも決まると見られていたのに、一向に決まる様子がない。長引く原因のひとつは、地銀連合のフィナンシャル・アドバイザーが事実上の外資系、日興シティグループ証券であるため、金融庁が拒否反応を示していることにあるという。「日本長期信用銀行と日本債券信用銀行が経営破綻した際、外資系に売却して再建を図ったが、これが国民から非難を浴びる結果となった。それがトラウマとなっている」(同) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。