「陰翳」のコントラストと官能

演劇『春琴』

2008年4月号 連載 [IMAGE Review]

  • はてなブックマークに追加

英国の演出家サイモン・マクバーニーが、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」の世界を「春琴抄」を通し現代的に再現したのが『春琴』の舞台だ。映像、効果音、照明、詩的な言葉、流れる身体の動き、三味線などの生演奏……。演劇を構成するさまざまな要素が、無意識空間とも言える暗闇に溶け込み、舞台が官能的生き物のように見えてくるのが不思議な感覚だ。今年51歳のサイモンは、視覚性、身体言語を生かした舞台作りで、セリフ中心の英国演劇界でも特異な存在。マイムなど身体表現に重点を置くパリのルコック演劇学校で学び、そこで出会った仲間と劇団を結成した。13年前に初来日した時に「陰翳礼讃」の美を知り、谷崎をやりたいと思ったという。「春琴抄」は大阪・道修町の老舗薬種問屋に生まれた美貌の娘、春琴が盲目の三味線師匠になり、春琴を想う従者の佐助が自ら両目を針で突いて失明、春琴と同じ世界に入る ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。