au新機種、不具合頻発の大誤算

端末開発の環境共通化で墓穴を掘った。「家族定額」もとんだヤブ蛇で行き詰まるKDDI。

2008年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「auの庭で。」というKDDIのテレビCMが冷笑を浴びている。新機種で不具合が頻発するなど大チョンボ続きなのに、「さあ家族でauに!」などとひたすら顧客の囲い込みを図る下心丸出しだからだ。「着うた」といい、パケット定額制といい、かつて携帯電話のパラダイムを変える商品設計で巨人NTTドコモに挑戦してきたauが、なぜここまで行き詰まったのか。「端末開発の遅れから新製品が間に合わず、肝心の年末商戦で商機を逃す」――これまでドコモがFOMAで散々泣きをみた悪循環に、KDDIがはまっている。昨年12月の年末商戦で、発売を予定していたau端末3モデルが間に合わず、11月中に「905i」シリーズを7モデルも投入して準備万端だったドコモと明暗を分けたのだ。いったい、KDDIに何が起きているのか。高機能化する携帯端末の開発は年々複雑になり、コストがかさむ一方。労力の大半を占めるソフトの開発負担 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。