名古屋市が裏金問題で大揺れ市議も職員も同じ穴の狢

2008年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

名古屋市は昨年暮れ、裏金問題で揺れに揺れた。本庁の5部局と12区役所で、領収書を偽造するなどの手口で、ここ10年間に裏金1億6千万円が捻出されていた。すでに1億円強が使われ残りは保管されていた。裏金の使い道は、その大半がパソコンやイス、保管棚など必要な備品購入にあてられていたが、一部は職員の飲み会や残業時の食事代に化けていた。市民病院では医師が裏金で夜食用の炊飯器、電子レンジ、さらに携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を購入していた。公金意識の欠如も甚だしく、「感覚麻痺」「悪の温床」「無責任」などとマスコミの袋叩きにあった。現在、弁護士らで組織する外部調査委員会が、職員の処分や裏金の返還方法を検討中だが、先月末に出された緊急提言には、再発防止策に職員研修や内部通報制度の拡充といった、おざなりな改善策が並んでいた。一方、市民に代わって追及すべき市議はま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。