小林 栄三氏(伊藤忠商事社長)

取締役の半数を外国人と女性に!

2008年3月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――「サブプライム問題」の連鎖で世界経済が混乱しています。小林 米国経済は著しく減速しましたが、それを中国などの新興国がよく補っています。決して楽観はできませんが、悲観しすぎるのもどうでしょうか。国際通貨基金(IMF)が1月末に公表した2008年の実質成長率4.1%(予測)を、何とかキープできると見ています。――昨夏以降の株安は外国人投資家の売りが先導しています。今後も「日本売り」が続くとお考えですか。小林 最近の外資規制導入などで、海外から「日本は閉鎖的」とレッテルを貼られたのは残念なことです。政官財の足並みが揃わず世界に向けた発信力が弱い面もあります。しかし、「日本売り」の根本はもっと構造的だと思います。すなわち中長期的な投資先として日本の魅力が乏しくなったのは、世界に例を見ない少子高齢化が進む「人口減少国」だからです。ちなみに私が生まれた1949年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。