ケンウッド、ビクター、船井3社連合構想が幻に

2008年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本ビクターと船井電機が業務提携した。船井が米国で販売している薄型テレビをビクターのメキシコ工場で生産する一方、ビクターの欧州向けは船井のポーランド工場で生産するという相互供給が柱。将来的にはテレビの共同開発も手がける。しかし、当初検討されていた両社の資本提携は幻となった。原因は船井サイドにある。創業者の船井哲良社長は資本提携にも乗り気だったが、「向こう側にいいようにされるだけ」と社内で猛反発を喰らって断念。ビクターは年内をメドにケンウッドと経営統合する予定で、これに船井が加わる3社連合構想もあったが、やはり幻に終わり、ビクターと船井が製品を相互供給するだけの片肺飛行になった。ケンウッドの河原春郎会長は「日本の電機業界はソニー、松下に次ぐ第3勢力が必要」と語る再編論者。ビクターとの経営統合はその第一歩。第2弾として白羽の矢を立てたのが船井 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。