民主党をダメにする大阪市交通局労組

2008年3月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

民主党大阪府連の常任幹事会で2月2日、公認候補が決まった。衆議院大阪1区は熊田篤嗣氏。ところが、熊田氏擁立には地元から反発があり、2年がかりで公認に落ち着いた経緯がある。というのも熊田氏は2003年、05年の衆院選で大阪1区から出馬し、2回とも自民党の中馬弘毅議員に敗れている。民主党は05年11月に衆院候補選定基準を発表し、新人候補は2度連続落選した場合、原則として公認しないことになった。熊田氏は37歳。滋賀県出身で民主党の吉田治前議員(大阪4区、落選中)の秘書を務めた後、大阪1区から出馬した。本来なら公認されないはずの熊田氏に決まったのにはわけがある。実は、熊田氏を推したのは大阪市交通局労働組合だ。ある民主党関係者は「組織内擁立でもなく、なぜ1回目よりも2回目の票が減った候補なのか」と憤るが、地元にとって公認候補は手がかかる。選挙になればカネも人も出さねば ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。