安倍晋三「復活の怪気炎」に「お友達」議員もうんざり

2008年3月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

昨夏の参院選で自民党が惨敗し、満身創痍で辞任した安倍晋三前首相が動き始めた。「何より憂えているのは、政権が掲げた保守の理念そのものが色あせてしまうことだ」――。1月に発売された月刊誌に寄せた手記で悲憤慷慨。同時に「一議員の立場から、本格的な保守政治を根付かせるため捨て石となる」と決意表明した。安倍氏は1月下旬に地元の山口県下関市などを訪れ、「心身を鍛錬し、政策を磨いて再び戦う政治家として新たな思いで全力を尽くす」と語気を強めた。テレビや新聞にも登場し、「美しい国づくりは始まったばかりだ」などと、再登板への意欲をにじませた。その言葉のはしばしに福田康夫首相への対抗心が滲む。記者団に向かって「福田さんは経済が大変だ。安倍内閣時代、株価は1万8000円だったのが、いつの間にか1万3000円だからね」と、皮肉たっぷりに語っている。安倍氏は福田政権の「失政」を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。