杉浦 喬也氏(元国鉄総裁)

誇らざる「最後の総裁」

2008年3月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

戦後まもなく生まれた日本国有鉄道の40年弱。10人の総裁がこれを順次経営した。めでたくハッピーエンドで終えた総裁は、高齢を理由に辞任した商社出身の石田禮助ぐらいなものだった。残りは政府と対立して首になるか、事故の責任を取って辞めた。初代の下村定則などは、就任1カ月で常磐線の綾瀬駅近くの自社のレールに轢断されて発見された。大量解雇に悩んだ末の自殺と考えられているが、謀殺説が消えない。その意味では、杉浦喬也は総裁として珍しい円満退職ということになる。国鉄が消滅することになっていたからではあるが。7代総裁藤井松太郎は8日間のぶち抜きストの責任を取らされ、馘首された。これが国鉄の分割・民営化のきっかけとなった。杉浦が10人目の総裁に就任することになったのには、こうした経緯があった。杉浦が国鉄と深くつながるのは、運輸省鉄道監督局国鉄部長になったことに始ま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。