中川 秀直氏(元自民党幹事長)

政府と目標共有が次の日銀総裁の条件

2008年3月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――福田総理とともにダボスの世界経済フォーラムに出席されましたね。「サブプライム不況」予防に何をすべきでしょうか。中川 異例なことですが、IMF専務理事のストロスカーンがアメリカの(16兆円規模の)財政政策に言及しましたね。バーナンキFRB議長も先に触れていましたが、やはりアメリカが震源地ですから、この問題を一日も早く解決しようという空気でした。しかし全体としてダボスの雰囲気は、金融政策の国際協調が必要という感じでしたね。マンデル=フレミング理論によれば、通貨の変動相場制下では財政政策は効かず、金融政策こそ有効であるといいます。ノーベル経済学賞を受けた理論ですから……。要するに景気後退を防ぐには、金融緩和を行ってベースマネーを大幅に増やすに如くはないというのが、欧米の共通認識なんですね。――デフレでもベースマネーを抑えた福井俊彦総裁下の日銀には批判的 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。