フルキャスト株空売り 「インサイダー」の火元

脱税の反面調査で浮上。行政処分3日前、投資家に空売りを勧めた電話が囁いた情報源の名は「シオタ」。

2008年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

かつて六本木、青山、渋谷界隈を闊歩した「ヒルズ族」――ベンチャー経営者たちのクローニー(遊び仲間)社会は、ライブドアや村上ファンドの摘発で鳴りを静めた。セレブ気取りで芸能人をそばにはべらせ、遊び歩くだけならまだいい。だが、仲間の株式情報を耳打ちして荒稼ぎする悪辣なインサイダー(内部者)取引の巣、という疑惑が絶えないのだ。そのひとつがついに明るみに出ようとしている。発端は昨年5月、ジャスダック上場の不動産会社、ダイナシティに対し、東京国税局が使途秘匿金に6億円の制裁課税を科したこと。ダイナシティは2005年12月にライブドア傘下に入ったが、直後の堀江社長逮捕で資本・業務提携を解消、06年12月に通信料金一括請求サービスのインボイス(東証1部)の連結子会社になっている。05年3月期までに7億円を超す所得隠しを国税局は突き止めたが、その反面調査、つまり本線の脇 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。