もう始まった「福田の次は俺」

露骨に仕掛ける麻生太郎。谷垣禎一、石原伸晃、中川昭一らも陣を固めた。無気力政権にはお引き取り願って……。

2008年3月号 POLITICS [民主党は蚊帳の外]

  • はてなブックマークに追加

前自民党幹事長・麻生太郎の動きが目まぐるしい。有力者たちとの矢継ぎ早な会談、超党派の議連の発足、総合雑誌での大胆な政策提言、講演での挑発的な物言い……。明らかに「ポスト福田」に照準を合わせ、政局の「仕掛け」に出ている。それにしても、なぜ今「ポスト福田」なのか。単なる政局オンチのフライングか、忘れられまいと焦っているだけではないのか。疑念はもっともだが、麻生の「仕掛け」に応じた面々を並べてみれば、独り善がりの足掻きとは片付けられない。昨年来の臨時国会をさんざん混乱させた新テロ対策特措法が成立した直後の1月19日、麻生は前首相・安倍晋三と千葉県内でゴルフに興じた。仲立ちしたのは、前総務相で自民党選対副委員長の菅義偉だった。4日後には、東京都内の日本テレビ本社で、読売新聞グループ本社会長・渡邉恒雄、日テレ取締役会議長・氏家齊一郎と会談した。渡邉は止 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。