「敬老大国」中国でも地方幹部が大幅若返り

2008年3月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

中国では3月の人民代表大会、政治協商会議(両会)を前に、5年に1度の地方高級幹部の入れ替えが行われ、31の省・自治区・直轄市で1月末までにすべて終了した。3月の両会で正式承認される見込みだが、大幅な若返りが今回の最も大きな特徴だ。香港紙の明報などによると、人事刷新の対象となる200人強のうち1960年代生まれが20%を占める。新疆ウイグル自治区主席となるヌル・バイクリ氏が1961年生まれと省長クラスでは最年少。江西省副省長に任命される見込みの謝茹成氏により、40歳に達していない副省長が誕生する。また非共産党員の地方幹部登用も、今回の人事刷新の特徴で、200人のうち30人強、約15%以上の地方幹部が、共産党外から登用された。もっとも、そのほとんどが従来から共産党に協力的な「民主諸党派」と総称される八つの政治団体関係者。胡錦涛政権は中央でも閣僚級に民主諸党派を登用して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。