松下電器産業――プラズマ敗色を糊塗

液晶との両面作戦へ大きくカジ切り換え。社名変更も行き着く先は「中村改革」の否定なのだが。

2008年3月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

今年2月5日、松下電器産業は最新鋭のプラズマパネル工場(兵庫県尼崎市)に報道陣を集めて見学会を開いた。案内された新工場の横には、この工場よりさらに大きい「尼崎第3工場」が来年5月に稼働する予定で、建設地ではすでにクレーンが林立していた。参加した一人は「げっぷが出るほどの過剰設備を見せつけられた」と言う。同時に開かれた役員との懇談会では、この過剰設備についての質問が出たが、専務の坂本俊弘は「皆さんが思っている以上に出荷は前年を上回っている。あまり心配はしていない」と答えた。

伸び悩むプラズマテレビ

松下のプラズマ工場は、初期に造った大阪府茨木市の第1・第2工場に加え、この尼崎で稼働中の尼崎第1工場、今回お披露目の第2工場、そして建設が始まった第3工場の計5工場となる。投資額は順に、300億円、600億円、950億円、1800億円、2800億円。ほぼ倍々で進めてきた投資の累積額は6450億円。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。